お風呂掃除のコツについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂は体の汚れを落として清潔な状態にするための場所ですから、汚れている状態で入っても気持ち良くありませんよね。

あちこちにカビが繁殖していて、床はヌルヌル。
そんなお風呂を何とかしたいと思いませんか?
常に快適なバスタイムを手に入れるためにも、お風呂掃除のコツを知りましょう!

お風呂掃除のコツ

カビを予防する

お風呂に入っていて最も気になるのは、カビでしょう。
カビはお風呂場のような湿った場所が大好きですから、ちょっと気を抜くとすぐ出現します。

カビを生えさせないようにするためには、お風呂場の湿度と温度を下げておくことが重要なのです。

お風呂を使用した後は、全体に水でシャワーをかけるようにしましょう。
そして浴室の窓を開け、換気扇を回しておくことで、カビの繁殖はかなり防ぐことが出来ます。

もしカビが生えてしまった場合は、塩素系漂白剤をカビの部分に塗り、数分放置してからシャワーでよく流します。

大抵のカビはこれで落とせますが、それでも落とせない頑固なカビは、使い古しの歯ブラシなどを使ってこすり落としてください。

浴槽の掃除は温かいうちに

浴槽の汚れは冷えると落ちにくくなるものですので、お風呂を使った後、まだ浴槽が温かいうちに掃除を済ませておくのが一番です。

翌日になってからお風呂掃除をする人も多いようですが、時間が経てば汚れはどんどん落ちにくくなってしまいますよ。

排水溝掃除は定期的に

お風呂の排水溝には髪の毛や石鹸カスなどが溜まりやすく、放置しておくと詰まってお湯が流れなくなったり、悪臭の原因にもなります。

汚れがひどくなってしまうと気持ち悪くてなかなか掃除する気になれませんので、こまめに掃除するようにしましょう。

髪の毛やカスなどのゴミを取り除き、洗剤を振りかけるだけでもキレイな状態を保つことが出来ますよ。

そして、定期的に排水溝用の洗浄剤を使って掃除しておきましょう。

小物はお風呂の外に

お風呂を使った後、洗面器やイスなどの小物に水滴が残っていると、カビやヌルヌルの原因になります。

スポンジと洗剤で磨いた後は、浴室の外に出して乾かすようにしましょう。

酢と重曹を使う

お風呂は毎日きちんと掃除していればキレイを保つことが出来ますが、普通の掃除では落とす事の出来ない頑固な汚れがある場合には、酢と重曹を使って掃除するのが効果的です。

重曹を酢水で溶かしたものをスポンジにつけて磨くと、頑固な黒ずみや黄ばみ、水アカもみるみる落とすことが出来ますよ。

フタも忘れずに

意外と忘れがちなのが、お風呂のフタです。
よく見るとゴムの部分にカビがいっぱい...なんてこともよくあるでしょう。
定期的に塩素系漂白剤を塗るようにすれば、カビを予防することも出来ますよ。

最後に

お風呂はほぼ毎日使う場所なので、出来るだけキレイな状態にしておきたいものですよね。
大がかりなお風呂掃除をするのはなかなか大変なことですので、毎日のこまめな掃除が大切です。

カビが発生しないように、汚れが落ちにくくならないように、気をつけて掃除するようにしましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加