大掃除で出た不用品をお得に処分する方法 5パターン

このエントリーをはてなブックマークに追加

掃除は、日常生活に欠かせないものです。掃除をすれば清潔が保たれ、健康に、そして快適に生活が出来ます。しかし、掃除を行おうと思っても、物が散らかっていると掃除がしづらいです。

例えば、床に掃除機をかけようと思っても、床に物がいくつも置いてあったら物をどかすことをしなければ掃除が出来ません。物を置いたままでも掃除が出来ないことはないですが、置いたままでは隅々まで掃除することはできません。

どの部分を掃除する時にも言えることなのですが、物が多いと掃除がしづらくなります。きっちりと整頓されていれば、まだ掃除はしやすいですが、整頓していても物が増えすぎてクローゼットや押し入れの中がいっぱいになってしまうと、通気が悪くなってカビの発生の原因となることもあります。

日々の掃除も、家の中の清潔を保つために大切なことですが、必要なものかどうかを考えて物の分別を行うことも大切です。粗品でもらったタオル、あまり着ない服、全然読んでいない本、壊れてしまった電化製品など、家の中を探してみるといらないものは沢山出てきます。

今回は、不用品の処分について特集していきたいと思います!

なるべく、お得に不用品を処分したい!

サイズが合わない服や壊れた電化製品など、改めていらないものを探してみると結構見つかるものですよね。物は使ってこそ価値がありますので、修理をして使うのならばともかく、壊れたものを取っておいても意味がありません。

"いらない物"と判断したものは、潔く処分してしまいましょう。必要ないものを処分することにより、部屋の中もすっきりしますし、気分もすっきりするでしょう。不用品を処分すると聞くと、ゴミとして出す方法を想像しますよね。

確かに、ゴミとして処分しなければいけない物もあります。しかし、物によっては買い取りをしてもらえるものもあります。不用品処分をする時には、できるだけお金をかけたくない物です。ですから、不用品を全てゴミとして出すのではなく、不用品回収、リサイクルショップ、インターネットオークション、フリーマーケットなどを利用すれば、お金がかかるどころか、金銭的にも得することが出来ます。

電化製品でも壊れていないものならばリサイクルショップなどで引き取ってもらえることもありますので、お金を払って不用品回収業者に引き取ってもらう前にリサイクルショップなどを当たってみるといいでしょう。

ゴミとして出してしまえば物の運命はそこで終ってしまいますが、リサイクルショップやネットオークションなどを利用して次の人に渡すことで物の運命は長くなるので、自然にも優しいです。

ここからは、不用品の処分の方法をいくつかご紹介します。

身近な誰かに譲る

子どもは成長も早いので、服を買ってもすぐに着られなくなってしまうこともよくあります。何人もお子さんがいらっしゃるご家庭ならば、上の子が着られなくなった服は取って置いて、下の子が成長した時に着させることもできますが、そうでない場合は、自宅に取っておいても場所を取るだけです。

そんな時には、親戚や友人の子どもで着られるお子さんがいないか探してみましょう。親御さんに、「うちの子はもう着られないんだけど、いらない?」と気軽に聞いてみるといいでしょう。

フリーマーケット

フリーマーケットでは、基本的に家庭で不要となったものを出品します。ですから、衣類、小物、本、壊れていない電化製品など、様々な種類のものを出品できるのがメリットです。また、使わない贈答品や食器も出品できます。

フリーマーケットに出品するためには、基本的に出店料がかかり、会場によって出店料は違いますが、200~1000円程度のところが多いです。マンモスフリーマーケットのような大規模な会場ならば、2000~3000円程度かかります。

フリーマーケットは出店料がかかるので、自分が売ろうとしている物がどれくらいで売れるかを考えて、出店料よりも安くなりそうならば、別の方法を考えるか、知人や友人でフリーマーケットに参加したい人を探して出店料を折半して共同で出店するなどした方がいいでしょう。

ゴミとして出す

不用品の処分と聞くと、真っ先に思い浮かぶ方法です。ちょっとしたものならば、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみなど、地域の分別方法に従ってゴミに出せばいいのですが、大きなタンスなどは粗大ゴミとして出さなければいけません。

粗大ゴミとして出すならば、地域の粗大ゴミセンターに問い合わせましょう。大抵の粗大ゴミセンターは予約制ですので、早めの手続きが必要になります。ですから、「今日中に掃除を完了させたいから、今日中に引き取って!」というのは無理なのです。処分できるまでに2週間くらいかかると思っておけば間違いないでしょう。

また、年末や3月は混雑することが多いので、通常よりも早めに予約をしましょう。予約をしたら、必要料金分の粗大ゴミシールを購入して、粗大ゴミに貼ります。そして、粗大ゴミセンターによっては、予約した日時に玄関先や1階部分に粗大ゴミを出す必要がある場合もあります。

リサイクルショップ

不用品をゴミとして出してしまうと、お金にならないか、処分をするためにお金を払わなければなりません。しかし、リサイクルショップに買い取ってもらえば、お金がもらえて、不用品も処分できるのでお得な方法です。

とてもお得なリサイクルショップですが、買い取ってもらえるものは限られています。電化製品なども、買い取ってもらえる可能性がありますが、必ず全てのものを買い取ってもらえるわけではありませんので、買い取ってもらえないことも頭に入れておきましょう。

リサイクルショップでは、品物の状態が綺麗かどうかも買い取りに大きく影響します。ですから、破損が激しいものや汚れのひどいものなどは、買い取ってもらえる可能性が低くなります。

ですから、リサイクルショップまで大変な思いをして多くの不用品を持っていっても殆ど買い取ってもらえずに、また大変な思いをして持って帰らなければいけなくなるかもしれませんので、あらかじめ売れそうなものかどうか分別してから持っていくといいでしょう。

インターネットオークション

不用品の処分を簡単に行える手段と言えば、インターネットオークションです。リサイクルショップに買い取りを依頼する時には、店頭まで品物を持っていかなければなりませんが、インターネットオークションならば、落札されたら発送するだけなので、急ぎで処分したいものでないならば、最適な方法でしょう。

また、不用品の処分をする時に友人、知人などと個人取引を行うのもいい方法かもしれませんが、インターネットオークションならば売り手も買い手も多いので、取引が成立する可能性も高いです。

リサイクルショップや古本屋では、書籍やCDは安価で引き取られることが多いですが、インターネットオークションだと、それよりももっと高く売れる可能性もあります。インターネットオークションは、オークションサイトを利用して行うのですが、サイトによって手数料などの体系に違いがありますので、比較して検討しましょう。

インターネットオークションでは、何でも売れそうなイメージがありますが、売れない物だってあります。例えば、法律で販売が禁止されている物、犯罪を促す物、肖像権、著作権を侵害する物などは出品が禁止されています。これらについては、各オークションサイトで違反していないか確認しましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加