ハウスダスト対策に有効な掃除箇所&掃除法

このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギーやアトピーの人は、ハウスダストなどのアレルゲンを極力減らすよう、部屋は清潔にしておく必要があります。

そこで、ここだけは外してはいけない、というところをピックアップしてみました。

部屋の床

部屋は掃除しやすいようにいつもすっきり片付けておきましょう。
あれこれ散らかっていては、まずはじめの取り掛かりがおっくうになってしまいます。

掃除機も軽くて、排気がクリーンなものが良いです。
サイクロン式の方が良いということはありません。
むしろ、紙パックのほうが、ハウスダスト対策には良いという意見がかなりあります。

紙パック式はリーズナブルなものがいろいろ出ているので買う時はそういったことも、意識してみてもいいかもしれません。

掃除機の前に雑巾で水拭きすると、ハウスダストを巻き上げずに済むので、いいですよ。

カーテン

水洗いしてしまうのが一番です。
面倒になりがちなアイテムですが、洗ってみるとすっきりします。

なかなか洗う時間が無い方は、普段の床掃除のついでに、掃除機で吸ってあげても良いと思います。

お風呂掃除

カビもアレルゲンの一つです。
おすすめ掃除法は、お風呂に入りながら、掃除してしまう方法です。

汚れ落ち、水の節約、洋服が濡れる心配がなく思い切り掃除できる、などの点から、慣れてしまえば、良いことづくめです。

エアコン掃除

汚れていると、ほこりやカビまで風と一緒に吸ってしまい、体に害を及ぼします。
是非、フィルター掃除をしてください。

内部は業者さんの頼んでやってもらいましょう。
1万円前後はしますが、プロの仕事できれいなになった風を実感できるので、頼んで良かったと思えますよ。

洗濯機

洗濯物に黒いものが付いていたら、それは黒カビなので、洗濯漕クリーナーでお手入れしましょう。

その前に、カビを発生させないようにしましょう。

などです。

布団

布団はマメに干す。
干した後は、布団たたきではなく、掃除機の布団たたき専用ヘッドで、ダニやカビの胞子を吸ってしまいましょう。

掃除は、汚れがひどくなると面倒になってハウスダストの温床になってしまいます。
普段からマメにやる事がとても大切です。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加