台所を上手に掃除するためのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

台所は毎日料理する主婦にとって、いつもキレイにしていたい場所ですよね。
台所がキレイだと気持ち良くお料理が出来ますし、なんだかそれだけで美味しい料理が作れそうな気がしませんか?

でも、油汚れや煮こぼれって、時間が経つとなかなか落ちないものです。
ついそのまま放っておいて、気がついたらベトベト...なんてことはありませんか?

確かに台所って、ガスレンジやレンジフードなど掃除しにくい箇所がたくさんあって、なかなかキレイな状態を保つことは難しいですよね。
ここではそんな台所を上手に掃除をするためのコツをご紹介しましょう。

台所掃除のコツ

油汚れはその日のうちに掃除する

油汚れをそのままにしておくと、ベタベタになって普通の掃除ではなかなか落とせなくなってしまいます。
そうなる前に、調理後すぐに掃除をしましょう。

調理直後なら水拭きするだけでも十分キレイになりますよ。
熱いお湯で拭けばさらにスッキリするでしょう。

また、油を使うときは必ず換気扇を回すことを忘れずに。
油の粒子を出来るだけ外に出すことで、油汚れが広がるのを防ぐことが出来ますよ。

換気扇は浸け置き洗いがおすすめ

換気扇やレンジフードは定期的に掃除していてもかなりベタベタになりますので、月に1回は分解して洗剤に浸け置き洗いするのが良いでしょう。

50度前後のお湯に洗剤を混ぜたものに数時間浸けていると汚れが浮いてきますので、さらにブラシなどでこするとキレイになりますよ。

見た目がキレイでも掃除する

台所には油汚れや水アカ、カビ、埃など様々な汚れが混じり合っています。
一見キレイに見えても、台所を使った後は必ずこれらの汚れが付着しているものなのです。

これを放っておくと頑固な汚れになってしまいますので、例えキレイに見えても必ず毎回台所を使った後は拭き掃除をするようにしましょう。

シンク洗いにはクエン酸

シンクには水アカが付きやすいので、1日の最後には必ず掃除をしましょう。
クエン酸が入っている食器用洗剤を使用すると大変キレイになりますのでおすすめです。

洗った後は乾いた布で水分を拭き取りましょう。
これをしておかないと水アカの原因になってしまいますよ。

排水溝、三角コーナーはこまめに

排水溝や三角コーナーは汚れがひどくなりやすい場所なので、こまめに掃除することが大切です。
ゴミが残っていると悪臭の原因にもなりますので、ただ水で洗い流すだけでなく、使い古しの歯ブラシを使ってキレイにゴミを取り除いてください。

最後に

台所の掃除は大変な作業ですが、放っておくともっと面倒なことになってしまいます。
汚れがこびりついてしまう前に、毎日しっかりと掃除をしておきましょう。

そうすればいつも清潔な台所で、気持ち良く料理をすることが出来ますよ。
特にこれからの季節は食中毒の心配も出てきますから、雑菌の繁殖を防ぐためにもまな板やスポンジなどもしっかりと除菌してくださいね。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加