キッチン掃除のやり方と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

家の中で汚れが溜まりやすい場所、掃除が大変な場所と言えば水回りです。中でもキッチンは料理をした時に跳ねた汚れ、揚げ物をした時の油汚れなども多く付着します。また、お掃除出来ていないと、悪臭が漂うこともあります。

キッチンは料理をする場所です。汚くて悪臭のするキッチンで作られた料理だと、食欲もわきませんよね。毎日気持ちよく美味しい料理を作るためには、キッチンのお掃除が大切です。

今回は、キッチンのお掃除について特集していきたいと思います!

悪臭のする箇所から掃除を始めよう

普段よりも念入りにキッチンのお掃除をする時には、悪臭のする場所から掃除をスタートしましょう。キッチンの様々な部分を掃除しなくてはいけないのですが、なぜ悪臭の漂う場所を優先的に掃除するのかというと、悪臭のする場所を最初に掃除しておけば他の場所の掃除をする時に不快な思いをしなくてもいいからです。

掃除しなくてはいけないと感じていても、悪臭のする場所で長時間掃除をしていれば気分も悪くなりますし、掃除に対するモチベーションも下がってしまいます。最後まで気持ちよく掃除するためには、最初に悪臭のする場所を綺麗にしてしまった方がいいのです。

キッチンで悪臭がする場所と言えば、三角コーナー、換気扇、排水パイプなどがあります。ここでは、悪臭のする場所別の掃除法を見ていきましょう。

三角コーナー

三角コーナーは、生ゴミを捨てる時など普段から掃除することが多い場所ですが、掃除の頻度が高いからこそ掃除が甘くなってしまうこともあります。三角コーナーから、かなりの悪臭でなくても少し臭いがする場合には、ボールなどに塩素系漂白剤を入れて、その中に三角コーナーを浸けておきましょう

古くなっていたり、どうにもならないほどの汚れや悪臭がする場合は、買い替えてしまうのも一つの方法です。

換気扇

換気扇は、部屋にこもった臭いを外に出すものですから、換気扇から悪臭がするイメージは湧きませんよね。しかし、換気扇自体がかなり汚れてしまっていると、換気扇をつけると悪臭が漂うことがあります。

換気扇の汚れの大半は油汚れですので、念入りに掃除をしましょう。取り外しできる換気扇ならば、外して掃除をした方がいいでしょう。掃除をする時には、油汚れに強い洗剤を使って羽の根元までしっかりと拭きましょう。

排水パイプ

排水パイプは普段から掃除をすることも少なく、キッチンの中で最も悪臭の原因となりやすい場所です。排水パイプを掃除する時には、パイプ用の洗剤と専用のワイヤーブラシを用意して、ゴシゴシとパイプをこすって掃除をしましょう。

意外に汚れている!?電子レンジと冷蔵庫

キッチンは面積の割に掃除しなければいけない場所が沢山あります。場所によっては普段から頻繁に掃除をすることもありますが、忘れられることが多いのが電子レンジと冷蔵庫です。電子レンジも冷蔵庫も頻繁に使っていても、こまめに掃除することは少ないですよね。

そんなに汚れていないと思っていても、電子レンジや冷蔵庫の中を拭くと意外に汚れていることがわかります。どちらも、食品を保存したり、調理する箇所ですから清潔に保ちたいものです。

では、電子レンジと冷蔵庫は、どのように掃除すればいいのでしょうか?ここでは、電子レンジと冷蔵庫の掃除について、それぞれ見ていきたいと思います。掃除をする時には、まずどちらの場合も危険やコショウの可能性を減らすために電源を抜くようにしましょう。

電子レンジの掃除

電子レンジの中には、食べ物などを温めた時に発生した蒸気によって全体に水滴が付着し、水アカが発生している可能性があります。他にも、温める際の吹きこぼれやニオイなども汚れの原因となっています。電子レンジの中にはあまり汚れがないようにも思えますが、実際には意外と汚れが溜まっているのです。

掃除をする時には、まず、ターンテーブルなど取り外せるものは全て外しましょう。外した部品は拭き掃除をし、汚れのひどいものは洗剤を使って落としましょう。そして、レンジの中は、中性洗剤をつけた布で拭き掃除をしましょう。この時には、手が届きにくい箇所も拭くように心がけましょう。

洗剤をつけた布で拭き終わったら、水ですすいだ布で洗剤を拭き取りましょう。掃除が終わり、乾拭きをして、取り外した部品を元に戻せば終わりです。

冷蔵庫の掃除

冷蔵庫や冷凍庫の中には入れたまま忘れてしまっているものが多くあります。掃除をする時には、電源を切った冷蔵庫・冷凍庫から全てのものを外に出しますから、それをチャンスだと思って賞味期限が過ぎている物や傷んでいる物を処分しましょう。

冷凍庫の食品は溶けてしまうとダメになってしまうことも多いので、冷蔵庫・冷凍庫の物を出して行う掃除は冬の寒い時期に行うことをおすすめします。冷蔵庫・冷凍庫の物を出す時には、棚が外せるようであれば、それも取り外しましょう。

冷蔵庫・冷凍庫が空っぽになったら、台所洗剤をつけた布で拭き掃除をし、乾拭きで仕上げをします。この時、洗剤は完璧に落とすように気をつけましょう。拭き掃除が終わったら、棚を戻して電源を入れ、冷蔵庫・冷凍庫に物を戻して整理をすれば終わりです。

ガスコンロ・ガスレンジのお掃除

キッチンの掃除と聞くと、ガスコンロやガスレンジの掃除を思い浮かべる方も多いでしょう。ガスコンロやガスレンジは、普段から調理をした後に拭き掃除をしたりと、キッチンの中でも掃除頻度が割と高い箇所ですが、たまには念入りに掃除しましょう。

ガスコンロやガスレンジについている汚れは調理の際の吹きこぼれや油汚れが多いですが、放っておくと頑固な汚れになってしまい、ちょっとやそっとの掃除では綺麗にできなくなってしまいます。そのため、ガスコンロやガスレンジの掃除を面倒だと感じる方も多いです。

しかし、面倒だからと放っておけば、今以上に汚れが付いて掃除もどんどん大変になってしまうのです。適した掃除道具を使った正しい掃除の仕方をすれば、そんなに面倒な掃除ではありませんから、後回しにせず、早めに綺麗にしましょう。

キッチンのガスレンジ、ガスコンロの掃除を行う時には、優しく丁寧に行いましょう。頑固な汚れは、タワシでゴシゴシと力強くこすらなければ取れないイメージがありますが、そのような掃除の仕方では傷が付いてしまいます。

最近の台所用品やフライパン、ガスレンジの表面などにはフッ素加工の物が多く、フッ素加工の物は、金タワシなどの硬いものでこするとフッ素加工が剥がれてしまいます。ガスレンジならば、フッ素加工が剥がれるとガスレンジの寿命が短くなってしまいます。

ですから、掃除をする際には金タワシなど硬い素材のものではなく、柔らかいスポンジを使用し、力を入れすぎないように注意しながら行うようにしましょう。ガスコンロ、ガスレンジの掃除では、まず表面のこげを取りましょう。こげを取ろうとすると力を入れて強くこすりたくなりますが、竹串や割り箸などでこげをそぎ落とすようにしましょう。

こげを落としたら、次は雑巾で拭き掃除をしましょう。この時に、酸性の強い洗剤か、水と酢を同率で混ぜたものを染み込ませて拭き掃除をするといいでしょう。ただし、酢を使う場合にはニオイがきついので注意しましょう。

こげが取れにくくても、ゴシゴシとこすらずに、ゆっくりと丁寧に掃除をすることがポイントです。ガスコンロ、ガスレンジの掃除をする時には、"硬いもの、力の入れ過ぎはNG"であることを忘れないようにしましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加