車をキレイに保つための掃除方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

キレイな車に乗っているとそれだけで気持ち良いものですよね。

特に車好きな人にとって車を掃除するという作業は楽しいものでしょう。
愛車がピカピカになっていく姿を見ているとワクワクする、と言う人も多いはずです。

でもそうでない人にとって、車掃除は意外と面倒なもの。

だからと言って汚れがたくさんついていて、車内もグチャグチャ。
そんな車に人を乗せたいとは思いませんよね。
乗った人も快適なドライブを楽しむことは出来ないでしょう。

車を持つということはお金のかかるものです。

せっかくお金をかけて車を維持しているのですから、少しでもキレイで清潔な状態にしておきたいと思いませんか?

ここでは、洗車や車内清掃のコツなど、車掃除についてご紹介しましょう。

車を掃除するときのポイント

洗車は優しく

自分で洗車する場合は、まずボディ全体に水をかけて汚れやホコリを簡単に取ることから始めます。

そのあと、洗剤を付けたスポンジで洗っていくわけですが、このときあまり力を入れ過ぎるとボディに傷が付いてしまう恐れがありますので注意が必要です。

車の傷が気になる人は、自動的に洗車してくれる機械洗浄は避けた方が良いでしょう。
小さな傷がたくさん付いてしまいますので、自分で洗車するか、スタンドで作業員に洗車してもらえるところを選ぶことをおすすめします。

洗車する日の天候に気を付ける

風の強い日に洗車をするのは止めた方が良いでしょう。
せっかく洗車しても、途中で砂やホコリが次々と車に付いてしまいます。

砂やホコリが付いていることに気づかずにスポンジでボディをゴシゴシ擦ることによって、小さな傷がたくさん付いてしまいますよ。

シートを叩いてホコリを出す

車内は様々なものが原因でとても汚れています。

髪の毛やホコリ、タバコのヤニなど、よく見ないと分からないけれど、いざ掃除してみたらものすごい量の汚れが出た、と言う人は多いでしょう。

車内掃除の基本は掃除機を使いますが、掃除機だけでは取りきれないホコリを取るために、ドアを全開にして布団叩きなどでシートを叩いてみてください。

買ってから一度もこの作業を行っていないという車なら、驚くほどのホコリが舞うことになるでしょう。

悪臭を予防する

車内の独特の臭いが気になる場合は、その臭いの原因が何なのかを考えてみましょう。
恐らくカビか雑菌によるものがほとんどです。

例えば雨の日に濡れたカサを車内に持ち込んでそのままにしておいたり、足元のマットが濡れたままだったりすると、簡単にカビが発生することになります。

それを防ぐためには、晴れた日にマットを外に出してドアを全開にし、車内を乾燥した状態にすることが大切です。

一度付いた悪臭はなかなか取れませんので、消臭剤を定期的に使って、臭いを消しましょう。

最後に

車を定期的に掃除してメンテナンスしてあげることは、愛車の寿命を延ばすことにもつながります。

いつでもキレイな状態の車でドライブを楽しめるように、車の掃除は定期的に行ってあげるようにしましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加