おもちゃの掃除方法を伝授します

このエントリーをはてなブックマークに追加

お子さんがいらっしゃると、どうしても家の中にはおもちゃが増えていきます。床に物が散乱していると散らかった印象になり、掃除もしづらくなり、十分に掃除をしようと思うと手間がかかるので、普段の掃除が段々と手抜きになってしまうこともあります。

また、物は使えば使うほど汚れていきます。おもちゃも例外ではなく、特に小さなお子さんは、おもちゃをなめたりかじったりすることもあるので、おもちゃ自体の掃除も必要になります。

では、おもちゃはどのように掃除すればいいのでしょうか?今回は、おもちゃの掃除方法について特集していきたいと思います!

木のおもちゃのお手入れ

木のおもちゃは、プラスチック製のおもちゃなどとは違い、素材のあたたかさを感じられるおもちゃとして人気が高いです。プラスチック製のおもちゃは、ちょっとした衝撃でひびが入ったり、割れてしまったりすることも多いですが、木のおもちゃは壊れにくく、壊れてしまったとしても修理がしやすいです。

木のおもちゃの修理は、家庭でも簡単にできることが多いです。現代では、何かが壊れてしまってもすぐに新しい物を買ったりすることが多いですが、木のおもちゃを親子で修理すれば、お子さんは物を大切にする心が育まれるでしょう。

また、壊れてしまってからではなく、おもちゃを長持ちさせるために普段からおもちゃのお手入れを行うのもオススメです。木のおもちゃが汚れた場合は、まず乾いた布か水に浸して固く絞った布で拭きます。

無垢材でできている物の場合は、乾いた布で拭くことが望ましいです。しかし、乾拭きだけでは汚れが落ちない場合もありますので、そういった時には水拭きをしましょう。拭いた後は、乾かすのですが、この時、直射日光に当てると木の表面が熱くなり、水分が気に染み込んで割れたり、ひずみが生じることもありますので、必ず陰干しをするようにしましょう。

水拭きや乾拭きだけでは落ちないような頑固な汚れが付いていたり、ささくれたり、凹んでしまっている場合には、サンドペーパーをかけましょう。無垢材で無塗装のおもちゃは、サンドペーパーをかけるだけで、まるで新品のような姿によみがえります。サンドペーパーは研磨剤の粒子の粗さによって番号が表示されており、この番号が大きくなるほど粒子は細かくなります。

木のおもちゃにサンドペーパーをかける時には、120番くらいのものがいいでしょう。平面を手で擦る時には、乾電池やライターくらいの大きさのものにサンドペーパーを巻きつけて使用します。この時、木目に沿って擦るようにしましょう。また、粒子の粗いペーパーで擦るとキズが出来てしまうこともありますので、注意しましょう。

大まかに磨き終わったら、仕上げに320番くらいのサンドペーパーをかけると、すべすべな仕上がりになります。仕上げまで終わったら、表面は削ったことによって粉っぽくなりますので、固く絞った布で水拭きをして乾かしましょう。

サンドペーパーは、表面が茶色のもの、黒色のもの、白色のものの3種類あります。おもちゃのお手入れに使う時には、茶色は破れやすいので黒色か白色のものがいいでしょう。特に白色のものには目詰まり防止剤が塗布されているので、効率よく削れます。

木のおもちゃが壊れてしまった場合には、木工ボンドや木ネジを使って修理をしましょう。木工ボンドは、そのまま使うと割れている部分や隙間の中に入りにくいので、水性木工ボンドをスポイト状の小さな容器に入れて、少し水を加えてから使用すれば上手く入ります。

木ネジを使って修理をする場合には、ダボを開けて使用するのがいいでしょう。しかし、この修理方法ではインクドライバー等の道具が必要になりますので、木工道具をお持ちでない方にはオススメできない方法です。

また、赤ちゃんのおもちゃが壊れた場合には、赤ちゃんがおもちゃをなめた時に害があるといけませんので、修理をせず諦めた方がいいでしょう・

トミカのお手入れ

小さな男の子は、車が好きな子が多く、走らせて遊べるトミカなどは人気の高いおもちゃです。トミカを手に持って走らせることも楽しいでしょう。しかし、トミカ専用のコースでトミカを走らせれば、より一層、実際の車のように見えるので、トミカ専用のコースも持っている子も多いです。

トミカを走らせて遊ぶコースでも、遊べば遊んだだけ汚れも溜まっていきます。汚れが溜まると、上手にトミカが走らなくなってしまうこともありますから、たまにはトミカの専用コースもお掃除しましょう。

コースの掃除をする時は、まずコースの内側に付いた汚れを水に浸して固く絞った布で拭いて落とします。トミカ本体も汚れが付くと走らなくなってしまいますので、この時、ついでにトミカ本体のコースに当たる部分や車輪も拭きましょう。車輪の周りには、糸くずやホコリが溜まっていることも多いので、そういった汚れはピンセットなどで丁寧に取り除きましょう。

水拭きだけでは汚れが落ちにくい場合は、少量の中性洗剤を入れた水で水拭きし、その後、仕上げの水拭きをしましょう。そして、コースとトミカ本体を乾燥させ、コースで試しに走らせてみて車輪が軽く回るようになっていれば、お掃除終了です。

ぬいぐるみのお手入れ

女の子を中心に人気の高いおもちゃと言えば、ぬいぐるみです。ぬいぐるみを抱っこしていると落ち着く......なんてお子さんも結構いらっしゃいます。フワフワしていて可愛らしいぬいぐるみですが、抱っこして遊んでいれば手垢も付きますし、赤ちゃんならばぬいぐるみをなめてしまいます。

汚れをそのまま放置していると、ぬいぐるみの中にダニが発生してしまうこともあります。大好きなぬいぐるみを捨てなくてもいいように、ぬいぐるみは洗濯をしてあげましょう。

まず、洗濯桶などにぬるま湯を溜めて、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を入れて洗濯液を作ります。次に、洗濯桶にぬいぐるみを入れて押し洗いをします。この時強い力で押し洗いをすると型崩れの原因になりますので、優しく洗うようにしましょう。

洗い終わったら手で軽く絞って綺麗な水ですすぎます。ぬいぐるみを洗濯をする時にも洋服の時と同じように柔軟剤を使えば、ふんわりとした仕上がりになります。洗いの作業とすすぎの作業を何度か繰り返したら、タオルに包んで洗濯機で5~10秒脱水します。あまり脱水できていなければ、包み直してもう一度脱水します。

この時、脱水をしすぎると型崩れの原因となりますので注意しましょう。最近は、洗濯機で洗えるぬいぐるみも発売されていますが、洗濯機よりも手洗いの方が型崩れや破れが発生しにくいのでオススメです。もし、洗濯機で洗うのであれば、ネットに入れてドライコースや手洗いコースなどで優しく洗うようにしましょう。

脱水が終わったら、屋外の風通しのいいところで十分に乾かします。ぬいぐるみや状況によっては、完全に乾くまでに3日以上かかることもありますので、気長に乾かします。完全に乾く前に、毛が抜けないようにやさしくブラッシングをして毛並みを揃えるようにすると、乾いた時に綺麗な毛並みになります。

ひどい汚れが付いてしまった時には洗濯しか方法がありませんが、普段ちょっとした汚れが付いた時には、薄めた中性洗剤を含ませた布で拭き、その後水分を十分に拭きとって乾かせば、汚れが落とせます

また、水を特殊な技術で電気分解した、洗剤やアルコールを全く含まないクリーナーを汚れた部分にスプレーして汚れを落とす方法もあります。このようなクリーナーならば、成分は水だけの安全なものですから、安心して使えます。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加