楽に掃除をするためにしておくこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

掃除の課題

常に家の中を綺麗にしておきたいと思いつつも、掃除となると埃払い、掃除機がけ、雑巾がけなど複数の作業が伴い時間と工数がかかるため億劫になってきます。

そんな状態で我慢しながら掃除を続けていると手抜き作業になり、細かいところまで掃除が行き渡らずゴミや汚れが溜まっていきます。

そうなると、気持ちよく生活をすることができなくなりますし、物件価値が下がってしまうことにもなりかねません。

上手く掃除をするには

そこで、どうしたら部屋全体にわたって効率よく楽に掃除をすることができるものか考えました。

床、棚、机、テーブルなどに様々なものが置かれていると片付ける作業が面倒になり、場合によってはそれらをよけながら掃除をすることになります。そうなると部分的にしか掃除ができません。

これが掃除をすることへの大きな障害となります。この問題を解決すれば掃除が楽になるわけです。

必要なものとそうでないものの仕分け

解決策はごく簡単なことです。部屋にものを置かなければよいのです。余計なものがなければ全体に渡って滞りなく掃除をすることができます。

とは言っても生活をしていく上で必需品はあるので、必要のあるものとないものとを仕分けし整理整頓していくことが根本的な対策となります。

必要なものは残し、必要でないものを処分することになるのですが、これがそう簡単なことではありません。人によってはものをなかなか捨てられないのです。

クローゼットや引き出しにものをしまい込む手もありますが限界はあり、いつかはあふれてしまいます。

そこで必要でないものを思い切って捨てていくための基準が必要になります。

いつかは使うかもしれないからとりあえず取っておこうではだめで、自分の生活の中でそのものがないと困るものかどうかが判断基準です。

特に困らなければ積極的に捨てていきましょう。生活の中で無くても困らないだろうと思ったものを捨てて後で困ることはまずありません。なんとかなるものです。

それでも判断がつかないものはあり得ます。例えば生活には特に困らなくても処分したらあらためて手に入れることが難しいようなものです。

その場合でも取っておいて将来使うことがあるかどうかを考えてみます。よほど貴重で価値のあるものでなければ、結局将来的に使う可能性の低いものは処分対象となります。

将来使用可能性の判断が難しい場合は、一旦クローゼット等でストックします。そして保存期間を設定します。例えば保存期間を一年とし、その間一度も使わなければ捨てる対象とするのです。

まず、一年も使わないものはたいていの場合生活の中で必要とされるものではありません。

さいごに

以上のように部屋の中がすっきり整理されていれば掃除はとても簡単です。必要なのは上手く整理整頓をしていくというより、余計なもの不必要なものを大胆に処分していくことです。

上手くものを捨てていくことを身につけることで掃除が楽になっていきます。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加