綺麗な洗面所にするための掃除方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

水回りには汚れが溜まりやすいと意識していらっしゃる方は多いでしょう。そして、使う頻度が高い場所にはそれだけ汚れも溜まりやすいです。洗面所は、汚れの溜まりやすい場所です。

毎日使う洗面所ですから、綺麗にしておきたいものです。そこで、今回は洗面所の掃除について特集していきたいと思います!

普段から清潔を心がけよう

起床すると、洗面所で洗顔、歯磨き、髪のセット、スキンケアやメイクを行います。そして、帰宅すれば洗面所で手洗いやうがいをします。それ以外にも、洗面所に洗面桶やバケツを置いて浸け置き洗濯をしたり、雑巾を洗ったりと家事にも洗面所を使います。

洗面所は、毎日朝から晩まで頻繁に使われる場所ですので、それだけ汚れも溜まりやすい場所です。頻繁に使われるため、洗面ボウル内からは水滴が消えることはなかなかありません。また、歯磨き粉、唾液、石鹸、ヘアケア用品、化粧品、繊維ほこり、土ほこり、油煙、ごみ、毛髪など、洗面所には様々な汚れが付着します。

汚れも多く、水気もある場所ですので、気を抜いて掃除を怠っていると洗面ボウルまわりや水栓まわりには、水アカ、ぬめり、カビなどが発生し、不衛生な状態になってしまいます。掃除しなければいけないとはわかっていても、汚れた洗面所を掃除したくないと感じてしまい、「ま、いっか。」と後回しにしてしまうこともあるでしょう。

しかし、汚れれば汚れるほど、掃除に向かった時の嫌悪感も大きくなるでしょう。汚れる、掃除を嫌がって後回しにする、更に汚れる......といった悪循環を引き起こすと、洗面所の汚れも根強いものになり、どんどん大変なことになってしまいます。

ですから、日ごろから洗面所を清潔に保つように心がけるようにしましょう。汚れに気が付いた時に少し掃除をするだけでも、洗面所を清潔に保つことができます。また、大掃除を行う時には集中的に綺麗にしましょう。普段の掃除だけでは取りきれていない汚れを取り除けば、気持ちよく洗面所を使っていけます。

よく使う場所ほど汚れが溜まりますので、洗面所の掃除頻度も使用頻度に比例させましょう。まず大切なことは、普段から髪の毛を排水口に流さないようにしたり、汚れを見つけたらその時に落とすように注意して、家族全員がそれを習慣化させることです。

水アカ由来の汚れにはクエン酸やお酢が効果的!

洗面所の汚れは、弱アルカリ性の水アカが多いので、それを踏まえて掃除を行うようにしましょう。弱アルカリ性の汚れには、弱酸性のクエン酸やお酢などを掃除に利用できます。洗剤を使うことに抵抗があったり、エコを心がけていらっしゃる方ならば、エコ掃除素材であるクエン酸やお酢を使って掃除できるのは、ありがたいですよね。

水アカ由来の汚れは、クエン酸やお酢をサッとスプレーして拭けば、汚れが中和されて落としやすくなります。また、クエン酸やお酢は泡立つことがなく、何度も拭く必要がなく、使い勝手がいい掃除道具と言えます。普段から洗面所の使いやすい位置にこれらを置いておけば、汚れを見つけた時にすぐに落とせます。

洗面所では水を使うことが多いですから、汚れと聞けば水アカ由来のものを想像してしまいがちですが、洗面所では脱衣や身支度を行うことも多く、動いている中で繊維ほこりや土ほこりが舞い飛んで溜まりやすいのです。

このようなほこりの類と水アカが結合してしまうと、厄介な汚れが増えてしまいますので、ほこりの掃除にも気を配ることが大切です。

物が多いと汚れも溜まりやすく、掃除もしづらい

洗面所では、中央に楕円形の洗面ボウルがあって、カウンター面が左右にとられていることが多いです。カウンター面には、ちょっとした物を置きやすく、一時的に置くだけでなく、普段から色々なものを置くことも多いでしょう。

しかし、カウンター面に置かれている物が多いほど、掃除は大変になります。歯ブラシ立て、コップ、歯磨き粉、手洗い用の石鹸、消毒用のジェル、化粧水、洗顔料、クレンジングフォーム、ヘアブラシ、ドライヤー、コットン、タオルなどの日常的に使うものだけでなく、下洗いする予定の洗濯もの、使用済みの綿棒など、カウンター面には物が多くなりやすいです。

特に、元々カウンター面が広く作られている洗面所だと物が増えやすい傾向にあります。カウンター面に物を置いていれば、使いたい時にすぐに使えますので便利ではありますが、物が多ければ汚れも溜まりやすく、掃除もしづらくなりますので、できるだけカウンター面をすっきりさせるように心がけましょう。

普段の洗面所掃除法

洗面所の掃除は、日ごろから清潔に使うように心がけてこまめに掃除して、中性洗剤を使う程度に留めることが大切です。しかし、清潔を保つように心がけていても、汚れが溜まってしまうこともあります。

そのような時には、強い洗剤を使うこともあるでしょう。しかし、洗面所は素材によっては酸性に弱いものもありますので、酸性洗剤を使用する場合には注意しましょう。また、ホーローなど塩素系漂白剤で変色してしまう素材もありますので、注意が必要です。

強い洗剤を使わなくても掃除できるようにするためには、普段の掃除が重要です。では、どのようにして掃除をしたらいいのでしょうか?ここでは、特に水アカなどが付着しやすい洗面ボウルの掃除を紹介します。

まず、メラミンフォームのスポンジを水で湿らせ、洗面ボウルをこすりましょう。こすり終わったら、水をかけて汚れを洗い流します。そして、最後に乾いたぞうきんなどで洗面ボウル周りの水気を拭き取りましょう。蛇口がくすんでいる場合には、湿らせたストッキングで拭くと簡単に汚れを落とせます。

これを頻繁に行っているだけで、頑固な汚れの付着を防げます。また、これに加えて週に1回か2回、洗剤を使った掃除をすると、更に効果的です。洗剤を使った掃除を行う時も、仕上げに乾拭きを忘れないでください。

洗剤を使って掃除をしても汚れを除去できない時には、使い古した歯ブラシにクリームクレンザーをつけてこすりましょう。

サビ・カビ・シミに注意!

洗面所では、髪のセットや髭剃りなどを行うことも多いので、ついカミソリやヘアピンをそのまま置いてしまうこともあります。このような金属のものを洗面台にそのまま置いていると、茶色っぽい鉄サビが付着してしまいます。

このような汚れは、もらいサビと呼ばれ、除去する時には酸性洗剤を使います。サビを完全に除去するのは大変な作業なので、サビ専用の洗剤を準備してから掃除を始めましょう。そして、普段から、金属のものをそのまま置かないように注意することが大切です。

洗面所は水気が多い場所ですので、カビが発生することもあります。洗面所に発生してしまったカビは、カビ取り剤を使って取り除きます。カビ取り剤を使えば掃除にもなりますし、カビの発生も予防できますので清潔を保てます。

また、洗面台に使用されているプラスチックに付着した化粧品などをそのままにしていると、シミになってしまう恐れがありますので定期的に洗面台を拭きましょう。

キャビネットも掃除しよう

洗面ボウルやカウンター面だけでなく、キャビネットもほこりや湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすいです。カビの発生を防ぐためには、時々、キャビネットを開け放して風を通すようにしましょう。

キャビネットの掃除を行う際には、収納していたものを新聞紙などを広げた床の上に置きます。ヘアピンなどはもらいサビの原因になりますので、直に置かないようにしましょう。そして、洗剤を使って掃除をする時には、変色したり、ツヤがなくなることもありますので、テストしてから行いましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加