トイレ掃除のコツとポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

「トイレ掃除をすると元気な赤ちゃんが生まれる」、「トイレ掃除をすると金運がアップする」などという言い伝えを聞いたことがあります。

本当かどうかは分かりませんが、トイレをキレイな状態にしておいて損は絶対にない、ということでしょう。
トイレは家の中で一番臭いがこもる場所ですので、常にキレイにお手入れしておきたいものですよね。

キレイなトイレに入ると気持ちが良いものです。
隅々までキレイなトイレにするための、掃除のコツやポイントをご紹介しましょう。

トイレ掃除のコツとポイント

毎日掃除する習慣を付ける

トイレ掃除に限りませんが、掃除は毎日習慣づけることでとても楽になります。
特にトイレは家族全員が1日に何度も使う場所ですから、こまめに掃除をして常に清潔な状態にしておきたいものです。

トイレ掃除を怠っていると、すぐに黒ずみや黄ばみが出来ます。
そして、ちょっと掃除しただけでは落とせなくなってしまうのです。

そうなってしまうと、もう掃除するのが面倒ですよね。
「やるぞ!」と意気込まないと、なかなか始められません。

でも毎日のトイレ掃除を習慣づけておけば、ちょっとした作業だけで毎日トイレを清潔にしておくことが出来るのです。

毎日のトイレ掃除の内容としては、便器全体をトイレ用ウェットシートで拭き、便器の中にトイレ用洗剤を塗ってブラシでこするだけで良いでしょう。

黒ずみには重曹を使う

重曹は掃除をする上で大変重要な役割を果たしてくれます。
トイレ掃除でももちろん活躍してくれるでしょう。
便器の中は少し掃除をしないでいると、すぐに黒ずみや黄ばみが出来てしまいます。

頑固なものになるとトイレ用洗剤やブラシだけでは落とせなくなってきますので、そういったときは重曹を水で溶いたものを使うと良いでしょう。

また、トイレタンクの中に重層を入れておくだけでも、汚れが付着しにくくなるのでおすすめですよ。

麺棒やスポンジを使う

毎日の掃除には必要ありませんが、週に1~2回くらいは普段の掃除では届かないような細かい部分も掃除しましょう。

このときはゴム手袋をして、麺棒などを使うと隅々までキレイになりますよ。

床や壁掃除も忘れなく

トイレの床や壁には排泄物が飛び散っている可能性があります。

いくら便器を掃除してもトイレの臭いが気になって...と言う場合は、床や壁が原因かもしれません。

床や壁の素材にもよりますが、ただ雑巾で拭くだけじゃなく、タワシなどを使って磨くと、キレイに臭いの元を落とすことが出来ますよ。

最後に

特に小さな子供や高齢者がいる家庭では、トイレは思った以上に汚れやすくなっています。
目に見えない汚れが悪臭となって現れたときには、すでに大がかりなトイレ掃除が必要になるでしょう。

誰がいつ入っても快適な状態を保つことが出来るように、やはり大切なのは毎日のこまめな掃除ではないでしょうか。

朝起きてキレイなトイレに入ると、それだけで気持ちが良いものですよね。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加